東北大学入試センターについて

組織と概要

東北大学入試センターは,東北大学の学部・大学院入試全体を統括する業務組織として,2005(平成17)年4月に発足した。しかし現状では,大学入試センター試験を含む東北大学の学部入試全般を管轄することが主たる任務となっている。学部編入学試験や大学院入試は各部局において実施されるため,入試センターの役割は文部科学省との連絡を含む全体の調整機能に限られるためである。

組織面では,入試センターは高度教養教育・学生支援機構の内部組織として位置づけられるが,人員面では教員組織である高等教育開発部門入試開発室と,事務組織である教育・学生支援部入試課から構成される。入試開発室には4名の専任教員が在籍し,入試課には入試企画・調査係,入試実施係,入試広報係の3つの係が置かれている。
また,入試センターには入試業務を専門的に担当する特任教授4名が在籍している。

東北大学における入試に関する審議機関として入学試験審議会が置かれている。入試センターは入学試験審議会の下,大学内の各部局等と協力しながら,大学入試センター試験,一般入試,AO入試,各種の特別入試の企画および実施を担っている。

「東北大学案内」を含む各種印刷物の編集・制作,オープンキャンパスや各種説明会の企画・運営や講師派遣の斡旋等,受験生や高校の先生方が求める東北大学に関する情報提供を行うと共に,入試に関する学術研究や各種統計情報を整備することも,入試センターの使命である。

沿革

1999(H.11)年4月
国立大学初のアドミッションズ・オフィス(AO)入試の実施組織として,東北大学アドミッションセンター設立
2000(H.12)年 2月
初のAO入試を実施(歯学部・工学部)
2004(H.16)年 4月
国立大学法人・東北大学発足
2004(H.16)年10月
高等教育開発推進センター設立
2005(H.17)年 4月
東北大学入試センターに改称。AO入試だけではなく,全学部・大学院入試を統括する組織となる
2005(H.17)年11月
入試センターが片平地区から川内の旧・半導体研究所に移転
2006(H.18)年 4月
入試センターが高等教育開発推進センターの内部組織に改組される
2010(H.22)年11月
東北大学入試センターのホームページを正式公開
2014(H.26)年 4月
高等教育開発推進センター等が高度教養教育・学生支援機構に改組・統合。

歴代センター長

任期 氏名 所属部局
1999.4-00.3 中塚 勝人 工学研究科
2000.4-01.3 澤谷 邦男 工学研究科
2001.4-02.3 青木 國彦 経済学研究科
2002.4-03.3 坂巻  清 経済学研究科
2003.4-05.3 大家  清 歯学研究科
2005.4-09.3 鴨池  治 経済学研究科
2009.4-11.3 安藤 朝夫 情報科学研究科
2011.4-13.3 米本 年邦 工学研究科
2013.4-15.3 牧野  周 農学研究科
2015.4-17.3 鈴木 道男 国際文化研究科
2017.4-  長濱 裕幸 理学研究科

※2005年3月まではアドミッションセンター長

リンク

入試開発室


高度教養教育・学生支援機構

上に戻る