高大接続活動

第34回東北大学高度教養教育フォーラムを開催しました

 令和3年5月17日(月)東北大学百周年記念会館川内萩ホールを会場として,第34回東北大学高等教育フォーラム「検証 コロナ禍の下での大学入試」を開催しました。
 本フォーラムは,例年,春と秋の年2回開催しており,春のフォーラムでは高大接続・入試関連の企画を実施しています。今回のテーマは「検証 コロナ禍の下での大学入試」。昨年度,未曽有の厳しい環境の中,入学者選抜においても手探りで新型コロナウイルス感染症に対応した経験について,記憶が新しいうちに振り返り,今後に生かしていくための機会として開催するものです。「来場参加」と「オンライン参加」によるハイブリッド方式での開催となりましたが過去最高となる529名が参加し,関心の高さをうかがわせました。
 当日は,大野英男総長及び文部科学省高等教育局大学振興課の西田憲史課長の挨拶による開会の後,九州大学の立脇洋介准教授が「コロナ禍における個別大学の入学者選抜―令和3年度選抜を振り返って―」,久保沙織准教授が「オンラインを活用した東北大学入試広報活動の新たな展開」と題して基調講演を行いました。
 続いて, 東京都立戸山高等学校の近藤明夫主幹教諭が「臨時休校・分散登校の下での『学習の遅れ』の回復」, 須磨学園高等学校の多田鉄人教諭が「オンラインの現場から―Web授業のメリット・デメリット―」,横浜国立大学の鈴木雅之准教授が「大学入試における教員としての資質・能力の評価」と題して現状報告を行った後,倉元直樹教授を司会とし「非常事態下の入学者選抜において,大学は受験生の為に何を考え,何を選択すべきか」といった各種討論が行われました。
 最後に,滝澤博胤理事より「いずれコロナ禍を克服する日が来たとしても,私たちが取り組んできた様々な試みが後戻りすることは決してなく,新たな時代へ向って前に進んでいくことになる。そのためにも高等学校と大学の対話は今後増々重要になっていく」旨の発言があり,シンポジウムを締めくくりました。

東北大学高度教養教育フォーラム開催一覧(高大接続関係)

 東北大学高等教育フォーラムは年2回,春と秋に開催しており,特に春の部においては高校と大学との関係を取り上げ,高大連携や高大接続について議論を行っています。

実施日 タイトル 講演・現状報告 参加人数 報告書
第1回 H16.12.13 新時代の大学教育を考える
-新教育課程における高校理科教育の現状-
基調講演者2名 (広島大,東北大),
現状報告者3名
58名 DL
第2回 H17.5.20 新時代の大学教育を考える(2)
-高校での数学教育の現状と東北大学の入試・教育の課題-
基調講演者2名 (東北大,慶応大),
現状報告者3名
143名 DL
第4回 H18.5.18 新時代の大学教育を考える(3)
-高校英語教育の現状と東北大学における英語教育-
基調講演者2名 (茨城大,東北大),
現状報告者3名
124名 DL
第6回 H19.5.17 理科実験の可能性を探る
-高校・大学での実践例と東北大学の挑戦-
基調講演者1名 (北大),
現状報告者3名
106名 DL
第8回 H20.5.16 高校教育と大学入試:「AO入試」の10年を振り返る
-接続関係の再構築に向けて-
基調講演者2名 (東北大,福井大),
現状報告者3名
177名 DL
第10回 H21.5.15 高大連携活動:学習意欲の喚起と大学への橋渡し
-大学体験型イベントの教育効果と大学入試-
基調講演者2名 (新潟大,長崎大),
現状報告者3名
122名 DL
第12回 H22.5.21 良質な大学入試問題の条件
-テストの理論と現場の工夫-
基調講演者2名 (中京大,東北大),
現状報告者3名
207名 DL
第14回 H23.9.2 学習指導要領と大学入試
-高大接続の原点を探る-
※東日本大震災による日程変更,
国立大学協会平成23年度大学改革シンポジウムとの共催
基調講演者1名 (大学入試センター),
現状報告者3名
158名 DL
第16回 H24.5.18 進路指導と受験生心理
-大学選びのメカニズムを探る-
基調講演者2名 (筑波大,佐賀大),
現状報告者3名
205名 DL
第18回 H25.5.24 「書く力」を伸ばす -円滑な高大接続のために- 基調講演者1名 (筑波大),
現状報告者3名
180名 DL
第20回 H26.5.16 グローバル人材の育成に向けて
-これからの高校教育・大学教育における課題-
基調講演者2名 (文部科学省,東北大),
現状報告者3名
171名 DL
第22回 H27.5.15 大学入試改革にどう向き合うか
-中教審高大接続答申を受けて-
基調講演者2名 (京大,阪大),
現状報告者2名
355名 DL
第24回 H28.5.16 大学入試における共通試験の役割
-センター試験の評価と新制度の課題-
基調講演者2名 (東大,東北大),
現状報告者2名
374名 DL
第26回 H29.5.12 個別大学の入試改革
-東北大学の入試設計を事例として-
基調講演者1名 (東北大),
現状報告者4名
427名 DL
第28回 H30.5.21 「主体性」とは何だろうか
-大学入試における評価とその限界への挑戦-
基調講演者1名 (佐賀大),
現状報告者4名
403名 DL
第30回 R1.5.15 入試制度が変わるとき 基調講演者2名 (筑波大,東北大),
現状報告者3名
371名 DL
第32回 R2.9.23 大学入試を設計する
-「大学入試研究」の必要性とその役割-
※コロナ禍による日程変更,
オンラインと対面のハイブリッド企画
(オンライン参加者284名,来場参加者91名)
基調講演者2名(東北大2名),
現状報告者3名
375名 DL
第34回 R3.5.17 検証 コロナ禍の下での大学入試
※国立大学アドミッションセンター連絡会議との共催,
オンラインと対面のハイブリッド企画
(オンライン参加者472名,来場参加者57名)
基調講演者2名 (九州大,東北大),
現状報告者3名
529名